<   2009年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

『ヘヴン』 川上未映子(講談社)

芥川賞受賞後初、そして著者初の長編ということで講談社が力を入れて宣伝していますが、実際、その価値がある力作だと思います。いじめの問題に正面から挑んだ作品、とでも紹介すればわかりやすいけれど、物語は読者の予想する(期待する)方向には流れないように注意深く構築されており(たぶん)、緊張感があって非常に読みごたえがありました。特にいじめの加害者グループの一人と被害者が直接主張を戦わせるシーンは作品中の白眉。結末には私の周りでも賛否両論出てましたが、色々な議論を呼ぶという点においても、この作品は凡庸なものではないと思います。
ただし、いただけないのは宣伝で、ネタバレ気味の帯の文句のせいで読む楽しみを一つ失ったし、「圧倒的感動!」とか「涙がとめどなく流れる」みたいな売り方はこの作品の本質にそぐわないと思います。
ともあれ、今年下半期の文芸書の大きな目玉であるのは間違いないので、来年の本屋大賞に食い込んでくるのではと思われます。
[PR]
by akuto9 | 2009-09-25 10:15 | 意識朦朧書評

風呂上がり

7歳の息子に、「お父さんって、お風呂に入ってもさっぱりしないね」と真面目な顔で言われた。
[PR]
by akuto9 | 2009-09-13 23:13 | 老体育児記

悪いことはしないようにしましょう

用事があって息子の小学校に行ったところ、廊下の壁に児童が作った壁新聞が貼ってあった。トップ記事の見出しには大きく「酒井法子たいほ」の文字が。事件の経緯が詳しく書かれた後、記事の終わりは「みんなも悪いことはしないようにしましょう」という言葉で締められていた。そういう締め方ができるのは、小学生ならではだよなーと思い、ちょっと面白かった。
[PR]
by akuto9 | 2009-09-11 11:34 | 老体育児記

週刊ダイヤモンドを初めて買った

いい大人のくせにビジネス雑誌なんて一度も買ったことがない私も、今週の『週刊ダイヤモンド』だけは見逃せずに買いました。特集は「新宗教巨大ビジネスの全貌」。宗教団体は何でこんなに金持ってんだ?と日頃から気になっていたので、まさに注目の特集。資料として使える他、今回の選挙を新宗教団体の支持 という観点から見た記事なども興味深かったです。それにしても、ラブホテルを経営する宗教法人とは…。
[PR]
by akuto9 | 2009-09-10 00:14 | ふらふら業務日誌