<   2009年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

売切!

『1Q84』、超スピードで売り切れてしまいました。この初速の速さは『海辺のカフカ』の時の比じゃないです。もともと村上氏の長編に対する読者の期待はとても高いですが、ここまで凄い反応はやはりノーベル賞騒ぎなんかで読者が広がり、注目度が増したせいでしょうか。事前に内容が明かされていないのも謎めいていて効果的だったのかも。新潮社さん、重版ガツンと頼みますよ!
[PR]
by akuto9 | 2009-05-31 19:15 | ふらふら業務日誌

『1Q84』発売!

今年の文芸書最大の目玉、村上春樹『1Q84』がついに入荷。発売前はイマイチな装丁だなーと思っていたけど、現物を手にしてみるとなかなかどうして品があっていい感じ。店頭に並べる手にも力が入ります。村上春樹の新刊にはどうしても特別な思いを持ってしまうのですが、そういう書店員は多いのでは?私も昼休みに早速買って読み始めました。今夜日本中で何万人もの人がこの作品を読んでいるかと思うと不思議な気がします。6月上旬の重版が既に決まっているようですが、それまでに売り切れそうなので読むつもりの人は早めの購入を!
[PR]
by akuto9 | 2009-05-28 21:17 | ふらふら業務日誌

『ナイチンゲールの沈黙』『ジェネラル・ルージュの凱旋』海堂尊/宝島社

『ジェネラル・ルージュの凱旋』が映画になると知った時、なぜバチスタシリーズ二作目の『ナイチンゲールの沈黙』をすっ飛ばしてるんだろう?と思ったけど、読んで納得。この二作は同じ時期に同じ病院で起きていた事件をそれぞれ描いたもので、ところどころ物語が重なる部分がある。両方読むとその辺が面白いんだけど、『ナイチンゲール』は映像化がちょっと難しそうなSF的設定がある。一方『ジェネラル』は『バチスタ』系の名医路線であり、主役の医師が最高にかっこいい。映画にするなら確かにこっちだよな、と思う。シリーズ最高傑作では?
『ナイチンゲール』は海堂氏の作家としての幅の広さを示しており、『ジェネラル』ではもはや「ミステリ」ですらない海堂医療エンタを確立したと言えるのではないでしょうか。『ナイチンゲール』でシリーズを読むのをやめてしまった人は結構いそうだけど、『ジェネラル・ルージュ』は最高に面白いから読んでみて!と強くすすめたいです。
[PR]
by akuto9 | 2009-05-23 20:43 | 意識朦朧書評

ブランコ酔い

この前の日曜、遅番だったので午前中に子供たちと公園に行った。近所で最もスピードの出るブランコがある公園に行き、ブランコに乗る子供たちの背中をガンガン押して速度を上げ、彼らは半狂乱になって楽しんでいた。そんな彼らを見ていたら私も乗りたくなってきたので、息子に「今度はお父さんを思いっきり押してくれ!手加減はいらないぞ!」と頼んだ。久々のブランコ、最初は楽しかったのだが、段々降下時のGに耐えられなくなり、思いっきり気持ち悪くなってしまった。「気持ち悪い!もうダメだ、止めろ!止めてくれ!」と叫ぶ父親と冷静な息子。フラフラのまま家に帰り、出社したが、一日中揺れて気持ち悪かった。実に、歳をとったものだと情けなくなった父36歳。
[PR]
by akuto9 | 2009-05-20 22:37 | 老体育児記

『1984年』ジョージ・オーウェル/ハヤカワ文庫

今月発売される村上春樹の『1Q84』、事前の内容紹介は一切ないのだけど、タイトルから推測するにオーウェルの本作を下敷きにしているのだろうと思い、いつかは読もうと思っていた作品なのでこの機会に読んでみた(私はヴァン・ヘイレンの『1984』も関係しているのでは?と予想しているのだが、同僚たちから「それはない」と却下された…)。60年前に発表された作品だが、ここで描かれている監視・管理社会の危険性や恐怖は今なおリアル。オーウェルの慧眼に舌を巻く。伊坂幸太郎『モダンタイムス』との共通点も。というわけで後は『1Q84』を楽しみに待つだけ。
[PR]
by akuto9 | 2009-05-16 22:49 | 意識朦朧書評

連休最終日

一昨日の「Qさま!!」で紹介した影響で、売れ行きが落ち着いていた『読めそうで読めない間違いやすい漢字』(二見書房)が再びブレイク。漢検問題で漢字本はしばらく駄目かなーと思っていたけれど、なんのなんの。みなさんの漢字好き、勉強好きには恐れ入ります。

ゴールデンウイーク最終日の今日、店内にお客さんはたくさんいたんだけど、さっぱりレジに来てくれない。連休で金を使い果たし、暇つぶしに立ち読みしに来たのがはっきりわかる。そんな中、五百円のこの本ばかりがたくさん売れた。儲けが少なくても、売れないよりは遥かにまし。だけど今月の売上も厳しそうだな…。
[PR]
by akuto9 | 2009-05-06 23:01 | ふらふら業務日誌

漢検問題とか。

問題の『最後のパレード』、今日出版社から正式に商品回収の案内があったので全部返品。もう手に入らないなら、と慌てて買った店員が一人。回収・絶版騒動があると、返品前に買いたくなる店員が誰かしらいるなー。あのピカピカ光る看板も解体して、イルミネーション装置は子供のおもちゃにでもするか。
もう一つ問題だった漢字検定、次回試験は予定通り実施。検定料の値下げ額も確定し、心配だった差額の返金は書店では行わないことがはっきりしたので一安心。
大きな懸案事項が二件、一応解決したので何となくほっとした一日だった。
[PR]
by akuto9 | 2009-05-01 19:42 | ふらふら業務日誌