<   2008年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

強欲ソング

3歳の娘が一人で遊びながら歌を歌っているのを後ろからそっと聴く。
「♪お金持ちが大好き~、ダイヤモンドが大好き~」
もし彼女のオリジナルソングなのだとしたら、まったくもって末恐ろしい。
[PR]
by akuto9 | 2008-12-29 20:25 | 老体育児記

年賀状はお早めに。

毎年、年末ギリギリまで年賀状作成本が結構売れる。売るときに余計なおせっかいながら「早く出さないと間に合いませんよー」とつい心でつぶやいてしまう。また、資格試験の試験日直前に「基本テキスト」などが売れたり(大丈夫なのだろうか…)、検定受付締切日の閉店直前に申込が来たり(危険すぎる…)、「駆け込み需要」というのはどんなものにも確実にあるので、店としては最後まで油断できません。
[PR]
by akuto9 | 2008-12-28 22:32 | ふらふら業務日誌

勉強熱心

今年は『脳を生かす勉強法』を筆頭に、『竹中式マトリクス勉強法』やら『1分間勉強法』やら『東大合格生のノートは必ず美しい』やら、お勉強本のヒット作が数多くありました。トーハン調べの書籍一位は自己啓発本『夢をかなえるゾウ』だったし、勉強熱心で向上心を持った、人生に前向きな方々がこんなにもたくさんいるのだということに、向上心のかけらもない私は感心してしまいます、ほんとに。これらの本は一冊も読んだことないけど、無数にある類書の帯の文とか自然に目に入ってくるので、なんか読んだような気になってしまいますが。
[PR]
by akuto9 | 2008-12-27 16:46 | ふらふら業務日誌

とてつもないオバマ

『オバマ演説集』(朝日出版社)がバカ売れである。オバマ氏の演説文と対訳が載っている薄い本(CDつき)で、普通なら英語学習本としての扱いだが、もはや一般ベストセラーとしての売れ行き。もちろん、数あるオバマ関連本の中でもダントツ。オバマ氏の魅力、特に喋りの魅力に多くの人が惹かれていることの表れだろう。口を開けば失言だらけの麻生総理とはえらい違いだ。そういえば麻生氏の著書『とてつもない日本』は11月以降売れ行きがピタリと止まったな。他国の代表の本の方が売れるというのも間ぬけなものだなあと思う。
[PR]
by akuto9 | 2008-12-25 19:49 | ふらふら業務日誌

『ファミリーポートレイト』 桜庭一樹 (講談社)

直木賞受賞後初の書き下ろしで、「恐るべき最高傑作」と帯でうたっている力作。『少女七竃と~』や『私の男』の発展形といえる作品で、母娘の絆(そう簡単に一言で言えるものでもないが)を書いている。二部構成になっていて第一部の母娘の逃避行はスリリングでめちゃくちゃ面白く、のめりこんだ。その分、第二部がやや退屈で全体的にはいまひとつな印象。ラストシーンはよかったけど。著者の直木賞受賞経験が反映されているような部分が興味深く、作家として生きていくことへの強い決意のようなものが感じられた。
[PR]
by akuto9 | 2008-12-24 22:39 | 意識朦朧書評

太っ腹

クリスマス商戦まっただ中でプレゼント包装が多く大忙しだが、コミックや小説などを全巻お買い上げでプレゼントに、というケースが少なからずある。圧巻だったのは、ハリー・ポッター木製ボックスとハリポタ全巻をお買い上げで、店頭で箱に全巻詰めて、ひょいと肩に担いで颯爽と去って行ったお父さんだ。子供さんはさぞや喜ぶことだろう、と私もその喜びのシーンを見てみたい気持ちになる。でもまあそれは、プレゼントをあげた親の特権ですね。
[PR]
by akuto9 | 2008-12-21 20:12 | ふらふら業務日誌

シンデレラを見た後で

しゃがんで床を拭き掃除している妻に向かって3歳の娘がこう言った。「ちゃんと拭くのよ、シンデレラ!」。その言葉に妻が怒るとすかさず「ごめんなさい、お母さま!」と芝居がかった声で言い放ち、するりと逃げ去った。最近見た「シンデレラ」のアニメに影響された発言であるのは明らかだが、言葉を使うタイミングや切り返しの素早さなどを見るにつけ、女の子の方が発達が早いというのは本当だなと思わされる。まったく、扱いづらいことこの上ない。先が思いやられるな。
[PR]
by akuto9 | 2008-12-18 23:02 | 老体育児記

『出星前夜』飯嶋和一(小学館)

前作『黄金旅風』から4年、出す作品いずれも高い評価を得ている飯嶋氏の新作は島原の乱を描いたもの。本作も既にあちこちで絶賛されています。が、正直に言うと私個人はこの作品を楽しむことができませんでした。なぜかページが進まない…。これだけ評価されてる人気作を楽しめないなんて、俺は本当に歴史小説が苦手なんだなーと残念に思いました。『のぼうの城』みたいにエンタメに徹した作品ならさすがに読めるんだけど。私もいつかこのように重厚で立派な歴史大作を楽しめるような大人になりたいのですが…。
[PR]
by akuto9 | 2008-12-07 23:03 | 意識朦朧書評

おばさんではない

今日、3歳の娘に突然「お父さんって、おばさんなの?」と聞かれた。
[PR]
by akuto9 | 2008-12-03 22:46 | 老体育児記

年末

先週の自店ベストをチェックしたら、文庫・コミックを除くと、上位がほとんど年賀状作成本・家計簿・カレンダー・手帳で占められていて普通の書籍は『O型自分の説明書』がかろうじてランクインしているのみ(それも情けないが…)。毎年書いてるような気もするけど、こういうランキングを見ると本格的に年末だなーと思う。これから出る『このミス』等のランキング発表による、単行本の盛り返しにも期待。忙しくて自分が本を読む時間が少なくなってしまうのがつらい時期でもあります。家で読んでるとすぐに眠くなってしまって…。
[PR]
by akuto9 | 2008-12-01 15:00 | ふらふら業務日誌