反対の賛成

このごろ猛然と家にある漫画を読み漁り始めた六歳の息子。いつもは『ドラえもん』や『キテレツ大百科』を読んでいるのだが、先日は『天才バカボン』を初めて読んで、クスクス笑っていた。息子はバカボンのパパの「はんたいのさんせい!」という台詞に疑問を持ったようで、反対の賛成というのは一体どのような意味なのか、と真面目に質問してきた。「そういうギャグなんだよ」の一言で済まそうとも思ったが、よく考えてみると「反対の賛成」というのは確かに難しい概念だなーと思い、二人でしばし反対の賛成について議論したのであった。
[PR]
by akuto9 | 2008-09-13 21:03 | 老体育児記


<< ついに来た質問 生きることは食べること >>