カラマーゾフの

高野史緒氏の江戸川乱歩賞受賞作『カラマーゾフの妹』(講談社)の広告を見てびっくり。東野圭吾氏の「原典『カラマーゾフの兄弟』も、きっと面白いに違いない!」という選評だ。東野さん、『カラマーゾフ』読んだことないんですね…。いや、別に読んでなくても全然構わないんだけど、それを全国に知らしめるような発言をわざわざしなくても…。よりによってこの部分を引用して広告に載せた版元担当者のセンスもすごい。まあそこらへんが東野氏の無邪気でキュートなところなのかもしれないし、版元担当氏もそれをよくわかったうえであえて使ったのかもしれないが、このコメントで「ワオ!」と思った人は全国にたくさんいると思いますよ。なんたって世界文学史上の金字塔だからな…。ベテランの人気ミュージシャンが新人バンドの後期ビートルズオマージュ曲を聴いて「ビートルズの『アビー・ロード』もきっといいアルバムに違いない!」とか言ってるようなものでしょうか。
東野氏といえば、ドラマ「東野圭吾ミステリーズ」の視聴率低迷や、内容に関してテレビ局に苦情を言ったとかいう報道がされてました。個人的に、東野作品は内容と人気が釣り合っていないと思っているのですが、それは書店員として決して言ってはいけないことなので聞かなかったことにしといてください。
ともあれ、『カラマーゾフの妹』は面白そうですね。
[PR]
by akuto9 | 2012-08-17 09:09


<< ノーベル文学賞 芥川賞・直木賞 >>