『チリモン博物誌』 幻戯書房

「ちりめんじゃこ」を買った時に混ざっている、様々な小さな生物に心ひかれたことは誰しもあるだろう。この本はそんな生物「チリメンモンスター」→「チリモン」について解説した画期的な本だ。タコやカニや魚などお馴染みのもの以外にも、「こんなのも混ざってるのか!」と気持ち悪くなるような不気味なものまで色々載っていてとても楽しい。ただ一つだけ難点をあげると、カラーが1ページもなく写真が少ないこと。やはり「チリモン」は色つきで見たいですよ!
[PR]
by akuto9 | 2009-06-17 22:35 | 意識朦朧書評


<< 息子と星新一 アイキュー84 >>